手相は、進化する統計学!?

2014年の世界人口白書によると、世界の人口は、72.7億人(2014年)だそうです。

手のシワの長さや太さは、厳密には、指紋と同じように、一人ひとり異なるため、約72億通りのパターンがあることになります。

手相は、約5000年の歴史の中で、一人ひとりの手のシワとその人の人生を地道に記録し続けることで、一定の法則を見出してきた集大成です。

「手相は、進化する統計学!?」の続きを読む・・・