手相の歴史

手相は、5000年の歴史がある学問(統計学)で、古くは、チベットや中国、ギリシャやローマで発展してきました。

チベットや中国で発展した手相は、東洋手相と呼ばれており、日本には平安時代に伝わりました。

一方、ギリシャやローマで発展した手相は、西洋手相と呼ばれており、アリストテレスやピタゴラスなどの学者たちが研究し、日本には明治時代に伝わりました。

このように手相には、大きく分けて、東洋手相と西洋手相の2つの流派があります。

「手相の歴史」の続きを読む・・・