手相を読み解くための手のひらの地図

手相は、単なる占いという意味を越えて、人類の歴史と共に、統計学の一種として体系化され、発展を遂げてきました。

丘と平原

この手のひらの地図は、7つの丘と1つの平原に分けられます。

丘は、木星丘土星丘太陽丘水星丘第一火星丘第二火星丘金星丘月丘地丘

平原は、火星平原

の各エリアにあなたの運命が示唆されているのです。

また、手相は、飛び出た脳と言われるように、生体学の一種として考えられることもあります。

人間の脳は、大脳、小脳、脳幹の3つに分けられますが、その中でも、大脳は、人間が感じたり、考えたり、覚えたり、人間らしい行動を取る上で、重要な役割を持った器官です。

その大脳は、さらに前頭葉、側頭葉、後頭葉、頭頂葉の4つに分けられます。

前頭葉は、人の思考や理性に関わる機能、
側頭葉は、記憶、聴覚、嗅覚に関わる機能、
後頭葉は、視覚に関わる機能、
頭頂葉は、感覚に関わる機能
というように脳の部位には、それぞれの役割があります。

飛び出た脳である手相も、同様に、手のひらの地図によって才能、性格等の人の特徴を示す資源が埋まっているのです。

この手のひらの地図は、丘や平原と呼ばれています。

手相は、約600通りのパターンがあると言われていますが、この丘や平原の意味を理解すれば、手相のおおよその意味を把握できます。

そういう意味で、丘や平原を理解することは、手相を理解するための第一歩です。

★☆★ 1日1回応援クリック!★☆★

開運カウンセリング ブログランキングへ