手のひらと「運命、人生、人体」との関係とは?

運命は、「地運」、「人運」、「天運」という3つの運で成り立っていると言われています。

そして、この3つの運命は、手のひらを上中下に三等分した、それぞれの場所に対応しています。

人生と運命

スポンサーリンク

「地運」は、環境による運命です。

家庭環境、職場環境、教育環境等、いろいろな環境があります。

これらの環境が、あなたの考え方や生き方に大きく影響を与えています。

「人運」は、人による運命です。

あなたの人生で、どのような人と出会うか?

どんな人と一緒に時間を共有するか?

で人生が決定づけられます。

「天運」は、天や神様による運命です。

毎日の生活の中で、人や物への感謝や徳を積み続けてることで、天や神様からのご加護が与えられます。

「宿命」は変えられないが、「運命」は変えることができます。

ここで、手相と運命の因果関係について、少し触れておきましょう。

手相を読むことで、あなたの運命を知ることができます。

逆に、運命を変えれば、手相を作り出すこともできるのです。

ヒンズー教の教えにあるように、あなたの心が変われば、ひいては、あなたの運命が変わります。

『心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる』

スポンサーリンク

手相は、脳の状態が手のひらに投影された「飛び出た脳」です。

このように、運命が変われば、脳の状態も変化します。

よって、あなたの意志の力で運命を変えることで、手相をも作り出せることになります。

また、あなたの人生には、発達段階に応じたライフステージがあります。

手相学では、「初年期」、「中年期」、「晩年期」としています。

それぞれ、

・初年期:0歳から20歳前半まで

・中年期:20歳後半から50歳前半まで

・晩年期:50歳後半から

となります。

また、「初年期」、「中年期」、「晩年期」は、手のひらを上中下に三等分した「下停」、「中停」、「上停」に対応します。

手相鑑定の現場では、「下停」は足や腰、「中停」は胴体や手、「上停」は顔や頭のように人体に関連付けて、お客様の手相を拝見したりしています。

このように、手のひらには、あなたの運命、人生、人体に込められた意義があるのです。

★☆★ 1日1回応援クリック!★☆★

開運カウンセリング ブログランキングへ

スポンサーリンク